メニュー

ブログ

オルソケラトロジーについて(2022.09.10更新)
子供の近視の進行について心配されている方は多いと思います。 昔に比べて近視の子供が増えているのは事実。 近視の進行予防には外で2時間以上遊ばせるとよいという研究結果があります。 最近の子は、塾に行ったり遊ぶ場所もなかったり、またコロナの影響等、難しい環境ではありますが、勉強はほどほどにして是非とも外で遊んでほしいものです。 僕達が子供の頃は外で遊んでばかりいたのですが… さて、オルソケラトロジーについてですが、夜レンズを着けて寝ると近視が矯正され、裸眼で昼間過ごす事が出来るというものです。そして近視の進行が若干抑制されると言われています。そのため未成年者に対して近視進行抑制を目的として処方されるようになってきました。 ただ、滅多にありませんが感染が1番怖いため、特に低年齢のお子さんにはレンズケアや定期検査等、親御さんのしっかりとした協力が不可欠になります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME